ゆとりごころWEB~大阪府・堺市の鍼灸治療院・整骨院~鍼治療・お灸治療・経絡整体・不妊治療・美容鍼灸・小児はり

中百舌鳥(なかもず)駅徒歩3分にある、年中無休の鍼灸治療院・整骨院です。 大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁8番 ℡.072-254-1109

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東洋医学的冷え症・免疫力向上対策

今年の冬は暖冬になるという予報が出ていますが、だんだん朝夕の冷え込みは強くなってきました。
最近では、
体温が1℃下がると免疫力が30%低下すると言われております

『ゆとり』では冷えに負けない体づくりをお勧めしております。 
からだを温めるならびに免疫力の向上には、東洋医学では『気』が重要な働きを行います

『気』とはわかりやすい言葉で言うと「エネルギー」または「カロリー」ということになりますからだを温めたり、血液を足先まで運ぶのにはこの『気』(エネルギー)が必要になります。免疫に関しても、東洋医学では『気』がからだをバリアのように包み外敵(ウイルスや菌や外邪など)よりからだを守ると考えられています。漢方薬も同様の考えからに基づいております。
冬場は特に寒さのどの影響により体温維持の際、『気』の消耗が激しくなります。『気』の消耗が激しくなることによって、冷え症が強くなり免疫力の低下が起こりやすくなります。
冷え症の方は免疫力も強くない傾向があります。
家庭で出来る予防法としてはツボ療法足温浴があります。
『気』を補う効果が高いツボは「関元」になります。へそより指4本下にあります。貼るカイロなどを肌着の上から貼ることをお勧めします~。
また、足には三陰交という、血液循環を良くする効果の高いツボがありますので、
ひざ下ぐらいまで足温浴で温めるのがよいですよ時間は40分ぐらいがよいと思います。じわっと汗が出るもが目安になります。


『ゆとり』では「関元」に箱灸を行っています。よもぎの成分と遠赤外線効果によりツボが刺激され、『気』が充実し気持ちよいですよ。
足湯の代わりとして「足岩盤浴」を設置しております。岩盤足浴は岩盤石より出る遠赤外線効果により体の芯から温まりますよ~。

ゆとり的冷え症対策でこの寒い冬を乗り越えましょう。


足の助

スポンサーサイト

| 東洋医学 | 15:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yutorinokyu.blog101.fc2.com/tb.php/7-38f03ef8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT