ゆとりごころWEB~大阪府・堺市の鍼灸治療院・整骨院~鍼治療・お灸治療・経絡整体・不妊治療・美容鍼灸・小児はり

中百舌鳥(なかもず)駅徒歩3分にある、年中無休の鍼灸治療院・整骨院です。 大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁8番 ℡.072-254-1109

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伝統鍼灸(漢方鍼灸)治療⑥

今回のお話は問診についてお話します~。
伝統鍼灸(漢方鍼灸)の問診は、現在の症状のみならず
今まで患った病気の事や普段の生活の状態まで質問をします。
西洋医学と違って機械を使って検査を行わず、
昔ながらの治療家技術によって
行いますので、些細な症状でも大事な情報となるんですね
問診とは、一般的には医師が患者様に質問をして、病気の症状や原因、
本人の体質などの情報を集めることを言います。

伝統鍼灸(漢方鍼灸)治療では、問診は重要な診察法で時間をしっかりとかけ行います。
患者様の様子を観察しながら、寒気がする、熱っぽい、
頭やお腹が痛い、食欲がないなどの症状を訪ねていきます。
主な症状がわかってきたら、さらに掘り下げて聞いていきます。
たとえば、単に「頭が痛い」ではなく、
どの部分がどのように痛むのかを具体的にお聞きします。
「頭痛」が起こるタイプだけでも、東洋医学では千差万別ですので、
タイプが異なると治療法も異なりますので詳しく問診を行います。
症状を自覚した時期、経過、これまでの治療、
思い当たる原因なども必要な情報なんですよ。
暑がりや寒がりか、汗をかきやすいか、冷えやのぼせがあるか、
どんな時に症状が悪化するか(季節や天気、ストレス、女性では月経との関係)、
食欲の有無、便通の状態、眠りの状態、胃腸は丈夫と思うか、ストレスを感じているかなど、
現在の病気とは関係ないこともお尋ねいたします。
これまでにかかったことのある病気やアレルギー、
生活習慣、食べ物の好み、たばこやお酒の摂取量など、
普段の生活の様子や体調も伝統(漢方)鍼灸の問診の対象となります。
ここが大事なんですよ~。
ゆとりでは初診時に質問項目をまとめた問診票が用意しております
この続きは次回といたしまして、次回は問診の項目を具体的にお話していきますね~
スポンサーサイト

| 漢方鍼灸(体質改善)治療 | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yutorinokyu.blog101.fc2.com/tb.php/65-b660df1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。