ゆとりごころWEB~大阪府・堺市の鍼灸治療院・整骨院~鍼治療・お灸治療・経絡整体・不妊治療・美容鍼灸・小児はり

中百舌鳥(なかもず)駅徒歩3分にある、年中無休の鍼灸治療院・整骨院です。 大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁8番 ℡.072-254-1109

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チョコの話

皆様!
今日はバレンタインですね

しかも、またも大雪が降り
ホワイトクリスマスバレンタインになりましたね

ゆとりから覗く窓からは、
子供たちがキャッキャと遊んでおります。
子供は元気ですねぇ


さて、今回はチョコのお話と言う事で
チョコの栄養素と『漢方(東洋)医学的』に見た効能のお話を…

チョコは何から作られているかと言うと、
カカオの実から採れる【カカオペースト】に
粉乳や砂糖を加えたものが一般的です。

豆知識
【カカオペースト】から【カカオバター】を除いて、
粉状にしたものがココアになります。


このカカオの成分が主にチョコレートの栄養素になるわけですね。


主な成分としましては…
●カフェイン
筋肉や神経を興奮させる作用を持つ。
利尿作用もあります。

●タンニン
苦み成分。
抗がん作用・抗菌作用・抗酸化作用・抗老化作用がある。

●ビタミンB6,B12
欠乏すると、口内炎や皮膚炎などが起こりやすくなります。

●フェニルチアミン
抗うつ作用があり、楽しい気分になりやすくなる。

●パントテン酸
免疫力を強化し、善玉コレステロールを増やす。
抗老化作用もある。

●ナイアシン
コレステロールを低下させる作用がある。


このように、カカオには色々な成分が含まれており、
気分転換やちょっとしたおやつには最適なのではないでしょうか?

しかし!
カカオのみ(砂糖を入れないココア)の状態ならともかく、
チョコレートは脂質を多く含んでおりますので、
食べすぎには注意して下さいね!

あと、お子様には大量のカカオは害になりますので
控えめにお願い致します

それでは、身体を冷やさないように、
ホットチョコレートなどで身体を温めて下さいね
スポンサーサイト

| 贈り物♪ | 16:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yutorinokyu.blog101.fc2.com/tb.php/345-40b7c91a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT