ゆとりごころWEB~大阪府・堺市の鍼灸治療院・整骨院~鍼治療・お灸治療・経絡整体・不妊治療・美容鍼灸・小児はり

中百舌鳥(なかもず)駅徒歩3分にある、年中無休の鍼灸治療院・整骨院です。 大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁8番 ℡.072-254-1109

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

美容と鍼灸

以前の回の続きです。

■ インナービューティーとは?

直訳すると、『内側の美』ですね。
大体お察し頂けると思いますが、

人それぞれの体質を見極め、
健康状態を整えた上での美しさ。


です。

漢方医学(東洋医学のことです)では、健康と病気の間を《未病》といい、
病気と診断されていない状態でも、
漢方医学での診断では診断名がつきます。

■ 未病と美しさの関係

『未病だからなに?病気じゃないならいいじゃない』

こういった考えをされている方いらっしゃいません?
これって、大きな間違いです

例えば、乾燥肌で悩むAさんとBさんがいたとします。



 ●Aさんの乾燥肌はカサカサと細かいしわが多く、肌の色はどちらかというと色は黒いタイプ。

 ●Bさんの乾燥肌は粉がふく感じで、全身カサカサで下肢にはむくみがあり、色は白いタイプ。




さて、この二人の乾燥肌のタイプ、違いがわかりますか??

恐らく、漢方医学が好きな方はわかるのではないでしょうか

答えは…



 ●Aさんは、漢方医学では『陰虚(いんきょ)』という症状。
 身体の冷やす能力を担う水分が不足する事によって起こる症状。

 ●Bさんは、漢方医学では『肺気虚(はいききょ)』という症状。
 漢方医学の考え方では、肌の調整を担う臓器は肺なのですが、
 肺のエネルギーが低下すると起こる症状です。


同じ乾燥肌でも、体質に大きな違いがある事が分っていただけたでしょうか

こういった根本的な治療で、
内側から、かつ全身的に美しくなれるのが漢方医学なんです。


ゆとり治療院でオススメしている漢方鍼灸
今現在漢方鍼灸についてのページを作成中ですが、
ご興味を持っておられる方は、お気軽にご相談下さいませ。

このブログの左メニューからもメール出来ます。
ゆとりのHPからも受け付けております。

ゆとりのHPはこちらから↓
http://www.yutori-1109.com/

スポンサーサイト

| 美容鍼灸 | 17:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yutorinokyu.blog101.fc2.com/tb.php/287-05f6f644

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT