ゆとりごころWEB~大阪府・堺市の鍼灸治療院・整骨院~鍼治療・お灸治療・経絡整体・不妊治療・美容鍼灸・小児はり

中百舌鳥(なかもず)駅徒歩3分にある、年中無休の鍼灸治療院・整骨院です。 大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁8番 ℡.072-254-1109

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こむら?こぶら?

こんにちは

今日も寒いです!

とくに朝方は良く冷えますね!

寒くなり、よく患者様から

このようなことをよく言われます。

「夜中にこむら返りで飛び起きました。」

「足が冷えてこぶらりになりました。」

はて?この

こぶら?こむら?

が返る?はて?はて?

説明しましょう!

昔からふくらはぎの事を

「こむら」や「こぶら」と呼んでいました。

この「こむら」「こぶら」がひっくり返ったように

痛むことを指しているようです。

運動後や就寝中に

もがき苦しんだ方も多いのではないでしょうか?

メカニズムとしましては

ふくらはぎへの脳からの伝達がスムーズに行えず

1部の筋肉が過度に

縮んだままで固まっている状態になり

痛みを発する。

これがこむら返りの正体です。

原因としましては

・筋肉疲労
・運動不足
・突然の寒冷な環境における運動
・水分不足
・ビタミン(B1・D)ミネラル(Мg・K・Na)不足
等があげられます。

上述しましたいずれの要因にも基づかない理由で

発生するこむら返りがあり、それは他の疾病の余病として

生じている可能性が強いことが指摘されております。

・椎間板ヘルニア、糖尿病、動脈硬化、甲状腺異常

などが挙げられます。

今回は名前の由来

簡単なメカニズムと原因を紹介しました。

次回は予防・対策・解消編

紹介したいと思います。

              ではでは

こむらのこむらです。

こむら2




スポンサーサイト

| ゆとり治療院の紹介 | 11:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yutorinokyu.blog101.fc2.com/tb.php/243-6cbf20bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。